日常生活でのケガ 整骨院でも施術可能なのをご存知ですか?

初診 1.200~2.500円程度

2回目以降 300~1.000円程度

※治療部位数、負担割合によって変動

 

令和二年より

慶応大学スポーツ医学総合センターの

スポーツ整形外科医師と共に

野球肘検診をスタートしました。

 

当院へのアクセス
24時間受付予約フォーム
あなたの症状はどれですか?当てはまる症状をチェックして下さい
運動中に足をひねった ボールが指に当たって怪我をした スポーツ中に相手とぶつかって腰が痛い 過去にケガした所を再びケガしてしまった 患部が腫れて痛い いつも行っている整形外科が閉まっている 病院に行くほどのケガなのか分からない

整骨院はケガの処置をする医療機関です


ネンザ・肉離れ・打撲・脱臼・骨折などのケガは整形外科でなくとも

整骨院で保険適応で治療を受けることが出来ます。

 

院長は都内でのインターン中に

「半月板損傷」「アキレス腱断裂」「ジンタイ損傷」「指の剥離骨折」「コーレス骨折」

などの重度外傷の処置・リハビリをしてきた実績があります。

 

とりあえず包帯や湿布を巻くだけで処置せず、必要に応じてギプスやテーピングなどでの固定を施し最短での回復を目指します。


地域でも数少ないエコー検査器を導入しています


病院では主にレントゲンを用いてケガの程度の確認を行います。

 

それに対して一般的な整骨院では「経験」から「感覚」で判断をしています。

これは現代の医療においては、とても曖昧な判断基準です。

 

当院では最新鋭のエコー検査器を導入しております。

これによりレントゲンと同じように、骨やケガの状態を正確に判断することが出来ます。

更に、レントゲンでは分からない「筋肉の状態」「筋膜の異常」「ジンタイの損傷度」などもエコーでは分かります。

 

当院ではケガの患者さんに対しては必ずエコー検査を行い、自院での治療・リハビリが可能かを正確に判断します。

 

 

 


日本一の包帯固定


院長は業界内最大の技術大会で2016年、2019年と二度の全国優勝を果たしています!
「包帯なんて誰が巻いても同じ」

と思っている方が多いようですが、外傷固定の基本である包帯は巻き方ひとつでも固定力に大きな差が出ます。

正しい包帯固定はケガの早期回復に大きな貢献をします。

 

また、骨折や重度のねんざの際に用いるギプスも包帯固定がしっかり出来る先生が巻かないとフィット感や固定力が悪くなってしまいます。

 


病院と連携しております


近隣の整形外科、総合病院とも連携が取れる体制を整えております。

当院の適応外と判断した場合や、精密検査が必要な場合も紹介状を作成致します。

 

また、院長は近隣整形外科や市立病院の勉強会にも定期的に参加をしており、最新の外傷治療に対する医療知識を常に学んでおります。


学校から講演依頼を受けています


近隣の小・中学校からの依頼を受けて「ケガに対する予防法」「姿勢の大切さ」などをテーマに講演活動も行なっております。

その内容は教育現場のプロからもご好評を頂いております。


当院の主な物理療法機器


最新超音波治療機 LIPUS

 

医学的にも高い効果が実証され、

病院でも保険適応で取り扱われている

最新鋭の超音波治療機器です。

骨折や捻挫の回復を早めます。

ハイボルテージ

 

神経痛や強い痛みの除痛

マイクロ波治療機

 

マイクロ波で深部からの温熱効果