坐骨神経痛と診断され痛み止めを飲み続けている方最適な施術時期をご存知ですか?
初回限定お試しキャンペーン 初回特別価格先着1日2名様限定2.980円 初めて施術を受ける肩は不安ですよね!当日はこんな事をします!1カウンセリング2検査3施術
あなたの症状はどれですか?当てはまる症状をチェックして下さい
坐骨神経痛でお尻から足の痛みが強い 痛み止めを飲んでも歩くのが辛い 夕方の立ち仕事が辛い 夜にも痛みがあり満足に眠れない レントゲン・MRIで「軟骨が減っている」と言われた どこに出かけるのも嫌になってしまう 薬をこれ以上増やしたくない
もし上記のような悩みを抱えている 1つでもチェックがあり痛みを改善したい方は
お任せ下さい!きしざわ整骨院があなたの痛みの最後の砦になります!

そもそも坐骨神経痛とは?


腰痛の男性の画像

坐骨神経痛の症状は腰から足にかけて痛みやしびれが現れます。

ひどい場合は寝ること、座っていることも困難になります。

 

背骨から出た神経はお尻のを通って、太ももの後側→ふくらはぎの後側→足の裏へと続いていきます。

この神経の腰から太ももの下までの部分を「坐骨神経」と呼びます。

 

坐骨神経の通っている部分で痛みやしびれがある場合を総称して「坐骨神経痛」と呼びます。

そのため病名と言うよりは、症状の名称になります。

 

病院ではレントゲン検査をして、骨に異常が診られない場合はこの診断をつけることがとても多いです。

しかし、なぜ坐骨神経に痛みが出ているのか明確な原因は分からないケースがほとんどです。


病院や一般的な整骨院での治療法


錠剤の画像

病院では「加齢」「運動不足」が原因とされ、痛み止めとビタミン剤を処方して様子を見ることがほとんどです。

 

一般的な整骨院では痛み、しびれがある部分に電気を流してマッサージすることが多いでしょう。

 

しかし、どちらも改善せずに痛みの範囲がどんどん広がってしまうケースもあります。


坐骨神経痛になぜなってしまったのか?


一般的な治療方法では大切な事を見落としています。

それは

「どんな理由で、坐骨神経痛になってしまったのか?」

と、言うことです。

 

もちろん加齢、筋力の衰え、なども要因ですが、それだけが原因ならほとんどの方が坐骨神経痛になっています。

 

痛みが出ている坐骨神経に対して普段から負担をかけるような姿勢、動作、クセがあったために発症しているのです。

 

それを治さずに「痛いところだけなんとかしよう!」では治療効果が上がらないのも当然です。


坐骨神経痛は当院で改善します


坐骨神経痛の本当の原因は

ほとんどがお尻から太ももの筋肉が固まって坐骨神経を圧迫している事です。

 

しかし、だからと言って固まった筋肉を緩めるだけでは治りません。

 

筋肉が固まったことには理由があり、そこから改善をしなければならないからです。

「日常のクセ」「身体の使い方」「姿勢」「ゆがみ」「別の部分の固さ」などがその理由になってきます。

 

当院ではそれらを初回に徹底的に検査・カウンセリングをして治療方針を組み立てていきます。

 

ヘルニアと診断されて、毎日痛みと戦っている方。

 

ぜひ一度ご相談下さい。

全力であなたの応援をさせて頂きます。